アンチエイジングのために出来ること

肌のアンチエイジングのために出来ることを考えよう

アンチエイジングのために出来ること

いつまでも若々しいお肌でいたい、美しくありたいと思うのは女性なら当然のことですよね。お肌のアンチエイジングのために出来ることを考えていきましょう。

そもそもお肌はどうして老いてしまうのかご存知ですか?その理由はいくつかあります。例えば降り注ぐ紫外線によってのお肌へのダメージや、乾燥から起きるダメージに、体内のホルモンバランスからのダメージ。このように様々な理由が存在するのです。
敏感肌の原因・改善策について

正しい洗顔方法が出来ていないこともまた、お肌へのダメージとなります。間違った洗顔方法を続けていると、アンチエイジングを効果的に進められません。お肌の老化を予防するには正しい洗顔方法が大事なのです。お肌トラブルを引き起こす前に、この機会に正しい洗顔方法をマスターしてしまいましょう!

まず最初に35度程度のぬるま湯でお顔を洗っていきましょう。そして次に毛穴の汚れを絡め取れるように、洗顔剤でしっかりとした細かい泡を作り、洗っていきます。その際大切なのは、お肌に対して優しく洗っていくこと。泡でお肌をクルクルと円を作るように意識してみてください。最後は泡をしっかりと水と流します。毛穴を引き締めるためにも、水を使ったあとにおぬるま湯を使い、優しくパッティッングしてあげてください。
鹿児島徳洲会病院

正しい洗顔方法が出来れば、ふだんのスキンケアにも変化が現れます。ポイントは35度程度のぬるま湯を使うこと。そして洗顔剤は泡を立て、指ではなく泡で汚れを絡めとるように洗っていくこと、このふたつです。正しい洗顔方法で、アンチエイジングを目指していきましょう。

洗顔後は瑞々しいお肌をキープさせるためにも、化粧水や乳液、またクリームなどでお肌のケアを忘れないようにしてください。化粧水で潤いを補給、そして潤いが逃げないように乳液などでお肌の表面に蓋をしてあげるのがポイントです。

もしも室内にエアコンなどがついている場合は、どうしてもお肌は自然と乾燥してしまいますので、加湿器などを利用するのがいいでしょう。最近では卓上加湿器なども人気ですが、タオルを濡らしたものを傍に置いておくことでも代用できますのでぜひ試してみてください。

アンチエイジングのために出来ること、ストレスフリー編

人は誰でも年を重ねることからは逃げられません。いつまでもきれいでいたい、美しくいたいと思っていても、何もしなければ年齢に伴いお肌もどんどん老化してしまいます。お肌が老化してしまうことには幾つもの原因はありますが、大きく分けるとふたつに分類することができるでしょう。

ひとつは太陽から降り注いでくる紫外線や、正しい洗顔方法やスキンケアが出来てないことから起こる「外的要因」の老化、そしてもうひとつはホルモンバランスの乱れや、新陳代謝の鈍りなどから生まれる「内的要因」のお肌の老化です。

アンチエイジングを進めるためには、外的要因だけをクリアするのではなく、内的要因もクリアする必要があります。では、一体どのようにして、内的要因をクリアし、アンチエイジングを目指していけば良いのでしょうか。

実は人のお肌という物は、ストレスから大きな影響を受けています。皆さんは「お肌のターンオーバー」というものをご存知ですか?お肌というものは新しいお肌に古いお肌が生まれ変わるサイクルがあるのですが、それがお肌のターンオーバーです。健康なお肌のターンオーバーの周期は28日と言われていますが、年齢を重ねるとこのターンオーバーに時間がかかってしまったり、崩れてしまうこともあります。

ここで現れるのが、先に述べた「ストレス」です。「ストレス社会」と呼ばれてもう何年も経つように、世の中にはたくさんのストレスが溢れ返っています。仕事に追われている人、家事や育児に疲弊している人、毎日ストレスに晒されているわけです。ストレスが蓄積してくると体の代謝が鈍くなって来ます。すると血の巡りが悪化し、ホルモンが体に足りなくなり、お肌にもダメージがやってくるわけです。

ストレスが溜まると、健やかな体と美肌をキープすることが困難になります。ですが逆にストレスを無くすことができれば、新陳代謝も活発になり、正しいお肌のターンオーバーにも期待が持てるでしょう。

ストレスを緩和する方法というのは、その人その人によって異なりますが、上手にストレスを軽くすることができれば、アンチエイジングにも繋がります。例えばアロマテラピーなどで心をゆったりさせるのもいいと思いますし、半身浴などもオススメです。

ヨガやストレッチで軽く体を動かすことや、ツボ押しなども効果があると聞きます。読書が好きな人は思う存分本を読む時間を作ったり、旅行が好きな人は定期的に度に出るのもいいでしょう。また、しっかりと睡眠を取ることもオススメです。

自分が楽しいと思うことが、やはり一番のストレス緩和法かと感じます。アンチエイジングのためにも、上手にストレスを解消し、健康的なお肌のターンオーバーを目指していきましょう。

アンチエイジングのために出来ること、食生活編

アンチエイジングを目指している方は、どのような方法を選択されていますか?スキンケアを頑張っている人、紫外線予防を意識している人、お肌のターンオーバーを整えるためにストレスに注意している人、また食生活に力を入れている人もいるでしょう。アンチエイジングは外的要因と内的要因に注意して行うことで効果的に進めることができますよね。

そもそもお肌の老化というものの理由のひとつには、「活性酸素」というものがあります。活性酸素というものは病原菌やウィルスなどから体をガードしてくれる役割を持っていますが、余りに多く生まれてしまうと、体内の健康な箇所にも付着し、細胞にダメージを与えてしまうという側面も持っているのです。

この活性酸素という物質が、お肌の加齢を進行させてしまう元になるとも言われています。「活性酸素」はお肌に紫外線が降り注ぐと、たくさん生まれてしまいます。そして発生した活性酸素が、お肌のたるみやシワ、シミなどの原因です。

この多過ぎる活性酸素に対抗してくれるのが「抗酸化物質」といわれるものになるのですが、皆さん良くご存知の「ポリフェノール」も抗酸化作用を持っているひとつです。赤ワインやコーヒーなどが「抗酸化作用」を持っていることで、一時期ブームになりました。アンチエイジングを考えるのであれば、ぜひ積極的に摂りたいものだといえますが、お酒が苦手な人やカフェインが得意でない人にとっては摂取するのは辛いところかもしれません。

そんな時にはサプリメントを利用するのがオススメです。お肌の酸化を抑制してくれるポリフェノールは、健康にとっても優秀な成分だといえます。動脈硬化や糖尿病予防などの生活習慣病に対しても力を発揮してくれると考えられているためです。お肌の酸化を予防し、健康や美肌のためにも、ぜひポリフェノールのサプリメントを利用してみて下さい。

お肌の酸化を防いでくれるのは、ポリフェノールだけではありません。トマトやスイカの中に入っているリコピンや、ホウレンソウやケール、ブロッコリーが持っているルテイン、カボチャやアーモンドに入っているビタミンBに、納豆やお豆腐などに含まれるイソフラボンなどもオススメです。

他にもおそばに入っているルチン、ザクロやイチゴに含まれるエラグ酸、タマネギ、レタスが持っているケルセチン、またゴマに含まれるセサミンなども、抗酸化作用で有名な成分だといえます。

これらの食材を毎日の食事の中で上手に活かし、錆びないお肌を目指していきましょう。アンチエイジングのためには、体の外から内からケアしていくのがオススメです。